ダダッ脱!

  • TOP PAGE
  • 葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている

葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている

葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。

一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが最も重要な期間であることは、疑いようがありません。
それでは、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、そんなことはありません。


お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が重要な期間だという事です。
ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜です。


妊娠が発覚してから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。葉酸の摂取で、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があると知られています。ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをオススメしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。葉酸は赤ちゃんが元気に育つために最も大切な成分ですが、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。

葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。ですから、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害などを発症するリスクが高まるというデータがあるのです。



それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、より積極的な摂取が求められます。皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。


妊活中の方をサポートし、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。

葉酸の成分には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。



ほかにも、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、赤ちゃんを望む夫婦どちらにも非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。

妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。
ですが、他にも亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。
妊娠を希望している女性だけでなく、男性が摂取した場合、健康的な精子の増加を助けてくれるんですね。
妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を実践してみましょう。


今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。例えば、妊娠前から十分に葉酸を摂取しましょうと、雑誌に書いてありました。

葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から大切な栄養素だそうです。
野菜に多く含まれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのは結構骨が折れそうだな、と思いました。

手軽に摂るなら、サプリを使うのもお勧めだそうです。


食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで妊娠に向けて頑張っていきたいと思ってます。不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。
生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。

ときには友人や家族の励ましや、本人の不安などが不妊治療に通ううちに重積してくることも少なくなく、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大切です。



2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、話を切り出しづらくて、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。私の場合はそれが良かったのでしょう。それからしばらくしたら、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。

居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく自治体が多いですね。



私は40歳以上の人こそ助成回数を増やしたほうが良いように思います。今年で40歳になる私ですが、体力と時間とお金のことばかり考えて、ストレスも限界です。
妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。


この妊活は女性が行うものだと考える方も居ますよね。


ですが、男性側が実践できる妊活もあるのです。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。

不妊などの原因は女性にあるとは限らず、男性にあるというケースもあるわけです。

特に注意すべきは精子の染色体異常です。



受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。
葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。

そのため、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。

関連記事

メニュー

Copyright (c) 2014 ダダッ脱! All rights reserved.