ダダッ脱!

  • TOP PAGE
  • 「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミン

「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミン

「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。果物では、イチゴやライチに含有量が多いと発表されています。



それ以外では、柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。

簡単に葉酸を摂取したい場合は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良い方法だと言えますね。

妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。妊活中におススメなお茶では、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。
中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという話ですから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。
妊活中の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。上の子が男の子でしたから、次は女の子を授かりたい、と考えていました。本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしたという訳です。
その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別が分かるまでは期待と不安でドキドキしていました。



結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。

葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。
それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。



赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも問題はありません。

でも、葉酸には体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。不妊が続く状態を打破するために、食生活から改めるのも大事でしょう。卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、食生活が劣悪だと受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望むほうが無理なのではないでしょうか。


育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。
偏らない、健全な食生活を大事にしていくといいでしょう。


いわゆる不妊症の原因というと、排卵障害や着床障害といった女性側に原因があるものと、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性のほうに起因するものが考えられるでしょう。
もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。

不妊対策をしたいと思ったら、両親ともに受診して検査を受けると解決への糸口となるでしょう。近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素のひとつであると知られています。

ですが、体調が悪い時には、食事での摂取が難しくなりますが、そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、葉酸サプリ等を利用すれば理想的な量の葉酸を摂取できるという訳ですね。葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で摂る事です。葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。



あるいは納豆や枝豆、ホタテもそうです。


幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが難しい方は、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できるという訳ですね。妊娠しやすい体を作る食べ物は、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。
ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。
母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、意識して摂取していきたいですね。


また、栄養バランス良く偏らない食事にするのが健康維持にもつながるのも事実です。そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けたほうが無難です。妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。

赤ちゃんが健やかに育つように、葉酸サプリメントで補いながら、十分に葉酸を摂取するように心がけてください。厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日あたり0.4mgとなっています。さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。野菜だけで十分に摂取できるかというと、とても大変ですから、サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。

関連記事

メニュー

Copyright (c) 2014 ダダッ脱! All rights reserved.