ダダッ脱!

  • TOP PAGE
  • 妊娠することによる体の変化と、必要

妊娠することによる体の変化と、必要

妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、それ以前の妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、日々の生活に追われていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合も出てくる方が多いです。


このような場合、使ってみると良いのがサプリによる葉酸の補給です。
葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。ですから、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も安心できますよね。葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。


葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が一番良いですね。
サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。

葉酸を効率よく働かせるためにも、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。
なぜかと言うと食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸も効率よく働けるという訳です。



一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。

葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。
それは適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。
また、流産といった危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。



具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。そのような場合は葉酸のサプリを利用するのが良い選択だと思います。


妊活なんて聞くと、女性側が主体となって行うもののように感じますよね。



でも男性にも出来る妊活があるんです。


それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。

ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。
中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。
葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。


葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿、汗と共に体外に排出され、体内に蓄積するということはありません。

とはいえ、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、指示された分量と用法を守ってください。
妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。副作用として体にあらわれる症状としては、寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。

特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。
そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、気をつけましょう。葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。


ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。

そうした場合、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて一目瞭然ですので、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には大変便利だと思います。



二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、言い出しにくい感じがしたので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。

月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、それでも妊娠に至らず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私はラッキーだったのか、それからしばらくしたら、下の子を授かりました。妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。この作用は妊娠にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠しやすくなるというわけです。それに、血液が増えると血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能を含む代謝が活発になり、妊娠しやすい体作りができるのです。
妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。


あるいは納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリには、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、食事では摂りきれない栄養素を手軽に摂取できます。

妊婦の方の中でも、葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も少なくないですよね。しかし、実は葉酸は熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不足している、という場合もあります。


関連記事

メニュー

Copyright (c) 2014 ダダッ脱! All rights reserved.