ダダッ脱!

  • TOP PAGE
  • 最近の研究によって、妊娠に重要な

最近の研究によって、妊娠に重要な

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切な量をきちんと摂取することで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。胎児が健康的に成長するためにも、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。



不妊に効果のある食べ物というと、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。
それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、摂取が推奨されます。
また、栄養バランス良く様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想的です。


そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けたほうが無難です。

一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜に多く含まれています。



病院の検査で妊娠が分かってから、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。葉酸の適切な摂取は胎児の先天異常を発症させにくくするそうです。

ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆や貝類を食べるのを推奨します。

妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居ます。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。


総合的な摂取量としては足りていないかもしれません。妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。食事内容はもちろん、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。



一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。

これらはカフェインが含有されていませんので、妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。

実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという話もありますから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。


胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。



食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点では葉酸サプリを飲むのが良いと思います。いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。


妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。

とはいえ、母体の健康維持を考える上でも重要な役割を果たしているのです。
ですので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、赤ちゃんの授乳が終わるまでサプリを続けるという摂取方法がお勧めですね。二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、話を切り出しづらくて、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。



料金は1回2800円で安価でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。
幸い、それからしばらくしたら、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、決してそうではないんですよね。胎児が先天的な障害を発症する可能性を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が注意が必要な期間ですので、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。

皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。
妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。
それと、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。



妊活中の夫婦それぞれに大切なサプリであると言えますね。



不妊の要因としては、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性由来の場合と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性由来のものとが考えられます。ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。男女双方が検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。

関連記事

メニュー

Copyright (c) 2014 ダダッ脱! All rights reserved.